メール配信システム

顧客行動履歴に基づいた
最適なメール配信が可能に

顧客抽出結果や分析結果をメール配信システムへと接続が可能。
顧客行動に基づくことで、One to One マーケティング を成功に導く。

機能紹介

顧客のセグメントとターゲティング

ターゲティングメール配信

ターゲット顧客(顧客行動・購買履歴など)を抽出設定し、メールを手動配信・自動配信することでメール販促の効果を最大限に高めます。

XMLで出力をカスタマイズ

HTMLメール配信 / テキストメール配信

メール本文を画像や装飾でデザインできるHTMLメール配信に対応。ボタンひとつで登録している商品画像を挿入することも可能です。

RFM分析で優良顧客を把握する

レコメンドメール配信

購買履歴を軸に、顧客ひとりひとりの状態に沿って購買傾向の高い商品をお奨めするレコメンドメール配信が可能です。

ウェブ接客 は固定月額費用で無制限にご利用いただけます

カゴ落ち対策 メール配信

カートに商品を追加して購入されていない商品やお気に入り登録した商品をメール本文に挿入して顧客の購買行動へ誘導できます。

顧客行動を蓄積してレコメンドを表示

メール本文のURLインポート

URLアドレスを入力してHTMLページをメール本文に取り込むことができます。メール作成の時間を大幅に短縮することが可能です。

効果測定

配信したメールの開封率やクリック率などの結果をアクセス解析と併せて分析することでメール販促の精度を高めることができます。

One to One マーケティングからLTV向上

顧客行動を最大限活用し、
One to One マーケティングを成功させる

顧客それぞれの状況に応じたメールマーケティングの在り方は「顧客一人ひとりとの個別対応」ということになります。しかし、当然ながらメール製作者やクリエイティブ制作などの業務負担がかかるため現実的とはいえません。

より顧客一人ひとり(One to One)に近づけるためには、マーケティング戦略を策定し、ターゲットとなる顧客をいくつかのセグメントに分類した後、効率良く、且つ顧客動向に沿った施策を実施する必要があります。

コアフォースワンは顧客行動(閲覧・購買・サイト内行動)データベースとメール配信システムをシームレスに接続することで、PDCAを高速に回転させ、メールマーケティングの精度を向上させるのはもちろん、顧客とのコミュニケーションを深め、LTV(顧客生涯価値)を最大化に繋がります。

顧客グループ登録 / レコメンドメール / カゴ落ち対策

顧客行動データベースから顧客をグループ化

購買履歴・購入金額などはもちろん、サイトの閲覧履歴や離脱ページや商品のお気に入り登録やカート保存状態などから顧客を抽出してメール配信することが可能です。登録されたグループはデータベースが更新されると自動で更新されるので、顧客グループの再抽出やデータインポートなどは必要ありません。

顧客をセグメントして登録
レコメンドメール でリピーターを増やす

リピーターを増加させる「 レコメンドメール 」

顧客の行動履歴や購買履歴からパーソナライズ化されたオススメ商品を、メールコンテンツの本文に挿入することができます。サイトへの再訪問誘導促進やリピート購入が無い顧客向けに嗜好性の高い商品をメール配信することでリピーター増加につながります。

カート内に保存された商品を購入喚起

商品をカートに保存した状態のまま購入まで至らない状態を、「カゴ落ち」と呼ばれています。商品に対して興味があり、なんらかの理由で購入まで至らなかった顧客を抽出してメール本文に挿入することが可能です。

自動メール配信で顧客フォローを実現

製品説明会のご案内

CoReforthOneの具体的な運用や導入事例をご紹介

マーケティングプラットフォーム「CoReforthOne」の具体的な運用方法や導入企業様の事例・活用例を交えた製品説明会を定期的に開催しています。製品説明会の日程や参加お申込については製品説明会ページをご参照ください。

製品説明会